診療科目

テキスト

最新の医療設備により患者様の顎の動きを測定し、どのような治療を行えば、患者様の苦痛を取り除くことができるか、丁寧にご説明します。


顎関節症は直接歯に痛みを感じることが少ないために、はじめは耳鼻咽喉科や整形外科を受診し、異常なしと診断されることも少なくないようです。長年の習慣やストレスなど、様々な原因によって引き起こされます。

また、顎関節症は科学的にはっきりと解明できていないため、その治療法もまだまだ確定出来ていない病気です。しかしながら顎関節のズレは身体に様々な症状を表す要因の一つであると言えます。当医院では下顎のズレ、噛み合わせのバランス等をとることにより、全身の調整を可能な限り合わせたいと考えております。まずは歯科医療の観点から原因を分析し、治療法を立ててまいります。

顎関節症の原因と症状

初期症状としては口が開きにくい、顎を動かすとカクカク音がするといった症状があり、状態がひどくなると口を大きく開いたりするのが困難になり、食事も思うようにとれなくなる等、生活に支障が出てきます。

また自分の顎の形に合わない詰め物を入れて治療を行い、数年後に顎関節症の症状が出るケースが多く、患者さん自身も原因を自覚していない方が大半です。

顎関節症は症状によって、次のように分類されます。(日本顎関節学会)

■筋肉の障害によって起こるタイプ
■関節包・靭帯の障害によっておこるタイプ
■関節円板の障害によって起こるタイプ
■変形性関節症によって起こるタイプ


顎関節症のタイプは4つに分けられますが、症状が複数のタイプにまたがってでる方が多い様です。当院では、顎関節や筋肉、靭帯などから根本的に見直し、原因を追究します。そうした考察のもと、歯周病治療や矯正、インプラントなどの処置により見違えるほど改善することもあるのです。

治療の流れ

前述してきましたように顎関節症の原因は三者三様です。患者さんによってその治療方法は異なるため、慎重にかつ的確な処置が求められます。当院ではその原因を特定するとともに、精密な検査の上、治療を進めてまいります。

問 診
現在の患者様の状態をお伺いいたします。顎以外の体の部位に痛みがないか等、お聞かせ下さい。
診 査
体の歪み、顎の歪み、お口の中の状態のほか、レントゲン検査や顎運動の機能解析検査、歯の模型の作製をいたします。
診断・治療計画
顎関節症は様々な原因が考えられるため、その解決策も状態により異なります。診断をもとに患者様にとってベストな治療法をご提案いたします。
治療開始
上記の診断結果をもとに治療を開始します。
メンテナンス
治療後も予後の状態を確認することが重要です。定期的に診察を受けられることをお勧めいたします。
インフォメーション

24時間WEB 新患専用予約

一般歯科
小児歯科
矯正歯科
インプラント
審美歯科
顎関節症治療
歯周病
予防歯科
義歯
お問い合せ・ご予約