診療科目

義歯(入れ歯)治療について

歯を失った多くの場合、よく知られている治療法として義歯があります。一言で義歯といっても、歯のなくなった状態、多く失った状態、顎の状態や治療費によって義歯の種類は様々です。

また現在は違和感が少なく、外れることが無く、しっかりと噛め、目立たない義歯が提供されています。天然の歯を失ったときの治療法としてはインプラント治療に勝る物はありませんが、インプラント手術が身体的な問題で行えない方や、手術に抵抗のある方、経済的にインプラント治療が難しい患者様には義歯による治療を行います。

部分義歯

失った歯が1~2本の場合はブリッジやインプラントの治療で処置することが可能ですが、広範囲にわたって歯を失ってしまった場合、患者様のご予算と状態に合わせてプランを立てご案内いたします。

アタッチメント義歯
クラスブの代わりにアタッチメントという維持装置を用います。
義歯と支える歯にポッチをつけて義歯を支えます。

総義歯

総入れ歯は上下の顎すべての歯、もしくはどちらか一方の歯を喪失した際に、使用する入れ歯です。総入れ歯は入れ歯の内面を唾液を介して土手に良好に適合させます。総入れ歯は、人口歯と義歯床によって構成されており、義歯床にはレジン床と金属床とがあります。金属床の利点は、薄く作製できるのでお口の中に入れた異物感が少ない、義歯が壊れにくい等のメリットがあげられます。

金属床義歯
薄いのが特徴で口の中に入れた異物感が少ないのが特徴です。熱伝導性がよいため、食べ物などの温度が伝わりやすい義歯です。ただし保険の適用が困難であるのとコストが高いのが難点です。

レジン床義歯
通常のレジン作製法は保険で作れるため安価であり、また修理がしやすいのが特徴です。 しかし強度を確保するため、どうしても厚みが必要になります。平均、1.5~2mmは厚みが必要となるため、ある程度の違和感が避けられません。
インフォメーション

24時間WEB 新患専用予約

一般歯科
小児歯科
矯正歯科
インプラント
審美歯科
顎関節症治療
歯周病
予防歯科
義歯
お問い合せ・ご予約