診療科目

インプラント治療のご案内

インプラントとは、歯を何らかの原因で失ってしまった時、その歯の無い所に人工の歯を入れる1つの方法です。
歯肉の内部にある顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療方法です。チタンは3ヶ月~6ヶ月で骨と直接結合する性質があるため、より自然の歯に近い噛み心地と美しい歯を手に入れられる治療法と言えます。

インプラントは骨にしっかり結合していますので、硬い食べ物でもしっかり咬むことができます。食べ物が入れ歯の下に入り込んだり、ずれたりする心配が全くありません。天然の歯のようにおいしくお食事を楽しむ事ができ、嫌な臭いがする心配もありません。また、これまで歯を失っていたために片方の歯だけで噛んでいた場合など、インプラントを入れることで残っている歯にかかる力を分散できるため、残存歯の寿命を延ばすこともできます。

インプラントの治療例

インプラント治療は歯を失った箇所によって、様々な治療方法があります。ブリッジや入れ歯にはないメリットも多く、患者さんのお口の状態によって治療方法も異なります。
 

従来までは治療を施すのに歯を削らなければならなかったり、装着後に違和感があったりと歯を失った場合の治療は不満の残るものでした。インプラントは患者さんの「第3の歯」としてもとにあった天然歯に近い働きをします。

1本の歯が欠けている場合
失った歯が一本の場合、ブリッジの場合は健康な歯を削って治療しますが、インプラントの場合は健全な歯を傷つけることなく治療をおこなうことができます。
数本の歯が欠けている場合
数本のインプラントにより支えられるブリッジかクラウンにより、機能と顔立ちが回復します。また、入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんないため、見た目も機能も非常にすぐれています。
すべての歯が欠けている場合
5本あるいはそれ以上のインプラントによりフルブリッジを固定します。入れ歯のような煩わしさ、不便さから解放されます。

症例のご紹介


本の歯が欠けている場合
一本の歯をインプラントで回復させた症例です。従来のブリッジ等の入れ歯よりも機能的で衛生面でもメリットがあります。
インフォメーション

24時間WEB 新患専用予約

一般歯科
小児歯科
矯正歯科
インプラント
審美歯科
顎関節症治療
歯周病
予防歯科
義歯
お問い合せ・ご予約