診療科目

歯周病とは?

歯周病は普段の食生活や不摂生などからかかる「生活習慣病」と言われており、沢山の患者さんがこの病気に悩まされています。歯周病は今や現代病ともいわれ、状態がひどくなってからだと治療の効果もなかなか出ない上に患者さんが初期症状にほとんど気付いていないというのが歯周病のやっかいな点です。

歯を失う原因の第1位は虫歯ですが、歯周病も虫歯の次に歯を失う大きな原因になっています。特に40歳あたりからは、歯周病の比率が高くなってきます。歯の周りには、歯を支える様々な組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)があります。歯周病は、これらの組織が細菌に感染して起こり、次第に歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けていく病気です。虫歯は歯が溶ける病気ですが、歯周病は骨が溶ける病気なのです。

歯周病の症状と進行

歯周病は歯を支える骨を徐々に失っていく病気です。しかし患者さんが病院に困って病院に行きたくなるときには、もうすでにかなり進行した状態になってしまっていることが多いです。

痛い、噛めない、といった症状はかなり進行している状態です。気づいたときにはかなり症状が進んでしまっているというのがこの病気の特徴です。

健康な歯
・コーラルピンク色をしていて、弾力がある
・ブラッシングなどによる出血はない
・歯肉がしっかりと引き締まっている

初期(歯肉炎)~中程度(歯肉炎)
・歯肉に赤いところがある
・歯を磨くと血が出る
・歯が浮いた様な感じがする
・歯肉にかゆみがある

重症(歯周炎)
・歯肉が時々赤くはれて痛む
・歯肉から血や膿みがでることがある
・口臭が気になる
・冷たい物を食べると歯がしみる(知覚過敏)

末期(歯周炎)
・歯がぐらぐらする
・歯肉がブヨブヨして血や膿みがでる
・口臭がひどい
・食べ物が噛みづらい

歯周病の治療方法

歯周病の治療方法は進行度合いによって異なります。基本的には正しいブラッシング法の指導や生活習慣の改善などが挙げられます。

軽度の歯周病の場合
歯ぐきをきれいにし(歯石などを取る)、正しいブラッシングをすることで治すことが出来ます。また抗生物質等の薬を投与することもあります。
中程度の歯周病の場合
歯石を取り除き、歯を一時的に固定してブラッシング、薬の投与で治すようにします。最初に悪くなった歯肉を切り取ってしまうこともあります。ただし、炎症がおさまっても、このころは歯を支えている歯槽骨というところが溶けだしていますので、ぐらつきが残ってしまうことがあります。そのような場合は、最終的な支えを取り付けて固定します。
重度の歯周病の場合
歯石の除去やブラッシング等によっても改善されない重度の場合は外科的処置が必要となります。例えば、歯ぐきを切り開いて人工の膜を入れ、溶けだしてしまった歯槽骨を再生する方法などがあります。

歯周病にならないために

歯周病にならないためには「予防」が最も大切です。そのためには日々のケア、正しいブラッシングが必要不可欠となります。歯磨きの際にはブラッシングが強すぎると歯ぐきを痛め、歯肉が下がる「歯肉退縮」が起きやすいため、弱い力で小刻みに動かすのがよいでしょう。歯ブラシが届きにくいところを先に磨くのもよいと思います。
また歯磨きの際には是非、歯間ブラシを試してください。歯間ブラシの使い方は鏡をみながらゆっくりと使用することが大事です。無理して歯の隙間に入れてしまうとかえって歯ぐきを傷つけてしまうため、気をつけましょう。

インフォメーション

24時間WEB 新患専用予約

一般歯科
小児歯科
矯正歯科
インプラント
審美歯科
顎関節症治療
歯周病
予防歯科
義歯
お問い合せ・ご予約